【公式】ウエリス国立|NTT都市開発の新築分譲マンション|

日本初の文教の地「国立」 Location

  • 大学通り/徒歩17分・約1,310m 大学通り/徒歩17分・約1,310m 大学通り/徒歩17分・約1,310m
  • 大学通り/徒歩17分・約1,310m 大学通り/徒歩17分・約1,310m 大学通り/徒歩17分・約1,310m

日本初の文教の地として、今もその栄誉を誇る「国立」。

「学園都市構想」を掲げた箱根土地株式会社により開発された国立。
1926年には「国立」駅が開業し、国立音楽大学が創立され、現地を含む駅南側が「国立大学町」として整備されました。
「教育の聖都」を目指したこの地は、インフラの整備はもちろん街の景観を守る厳しい制限も設けられたまま発展していき、
文教地区の指定を受け、「学園都市」としての地位を確立しました。

文教の礎

戦後人口が増え始めた国立市は、1951年に市民や学生が中心となって
教育環境を守るための「文教地区指定運動」が活発化。
そして1952年、建設省と東京都から「文教地区」指定を受け、
文教都市として広く知られるようになりました。

①一橋大学国立キャンパス/徒歩11分・約860m ②桐朋中学校/徒歩14分・約1,110m ③国立音楽大学付属中学校/徒歩6分・約420m

気品ある賑わいの街

歓楽施設が少なく、お洒落で個性的なショップが集う国立。
気品漂う街の雰囲気は「教育の聖都」を目指した歴史に起因します。
JR中央線「国立」駅から現地へと続く富士見通りも
たくさんの店舗が並び、華やかに賑わっています。

④いたどりカフェ/徒歩6分・約480m ⑤甘味ゆい/徒歩3分・約200m ⑥レストランGRAS/徒歩12分・約910m

※掲載の写真は2016年10月に撮影したものです。※徒歩分数は80m/分(端数切上げ)として算出したものです。

歴史ある文教地区・国立をご紹介します。国立エリアガイド