西早稲田エリア:タウンガイド:NTT都市開発の住まい Wellith(ウエリス)

タウンガイド

海城中学高等学校

1891(明治24)年11月、元海軍兵学校教官の古賀喜三郎氏によって、「国家・社会に有為な人材の育成」という建学の精神のもと、同兵学校の予備校として創設されました。第二次世界大戦を経て、学制改革により1947(昭和22)年に新制海城中学校、翌年 1948(昭和23)年に新制海城高等学校が発足。2011(平成23)年4月からは高校の募集を停止し、完全中高一貫制男子校として現在に至ります。

生徒の自主性を尊重し「新しい紳士」を育成する名門進学校

例年、東京大学をはじめとした難関大学に数多くの合格者を輩出する進学校として知られていますが、海城中学高等学校の授業は、大学入試のみを目標として行われていません。6年間を中1・2の「学習習慣を確立する時期」、中3・高1の「基礎学力を確立する時期」、高2・3の「大学受験にも対応する学力を完成する時期」の3期に分け、それぞれの時期に応じた内容の濃い授業を行っています。人としての基礎を創り上げた上に知識を吸収させることで、結果として大学入試結果につながっているのです。

授業では、知識や教養をしっかり習得させる「系統学習」と常に変化する時代に対応する力を養う「総合学習」とをバランスよく実施しているのが特徴です。生徒たちが入学後にまず行うのは、屋外の施設でグループごとに課題をクリアするPA(プロジェクト・アドベンチャー)や演劇的手法を用いた授業DE(ドラマ・エデュケーション)といったユニークな体験学習です。

これらの学習や文化祭などの学校行事やクラブ活動などで力を出し切る経験を積み重ね自己信頼を高めることで、ここぞという時に力の出せる確かな自分軸を持った「新しい紳士」の育成に取り組んでいます。

  • 海城中学高等学校
  • 東京都新宿区大久保3-6-1

保善高校

1923(大正12)年 3月に東京保善商業学校として創立した、歴史ある私立の男子高等学校です。都心に位置しながらも、「戸山公園」に隣接した緑豊かなエリアにあり、新校舎や人工芝の校庭などの学校施設が整っています。

きめ細やかな指導と盛んなスポーツで文武両道を実現

文武両道を重んじた校風で、クラブ活動も盛んです。実力と目的に合わせて「特別進学クラス」、「大進選抜クラス」、「大学進学クラス」の3つからクラスを選択することができます。
インターネットで授業が受けられる「Webチャレンジ講座」や、長期休暇中の習熟度別の講習などがあり、授業以外のプログラムも充実。生徒一人ひとりの理解に合わせたきめ細やかな指導が行われています。

  • 保善高校
  • 東京都新宿区大久保三丁目6-2

お問い合せは「ウエリス新宿早稲田の森」ゲストサロン

0120-603-315

営業時間
 (平日)11:00~19:00(土日祝日)10:00~18:00
定休日
  火・水曜(祝日除く)

pagetop