上町エリア:タウンガイド:NTT都市開発の住まい Wellith(ウエリス)

タウンガイド

大阪城のお膝元に広がる閑静な住宅街

大阪城を間近に望む上町エリアは梅田・難波・天王寺などの繁華街まですべて20分圏内と利便性が抜群のロケーション。
最近では、オシャレな飲食店や雑貨店も数多くオープンし、雑誌などでも「注目のエリア」として取り上げられる機会が増えてきました。
今回は、この街に暮らすYさん一家にその魅力を紹介してもらいます。

”太閤”さんゆかりの大阪きっての観光スポット

ご存じの通り、大阪城は豊臣秀吉によって築かれたお城です。現在の天守閣は3代目。青空をバックに堂々とそびえたつその威容は、大阪を代表する景観のひとつといっても過言ではありません。実は、近代までの大阪は「八百八橋」の異名が残るように、無数の川が流れ、湿地が多い土地でした。

そのなかで上町台地と呼ばれる小高いこのあたりは見晴らしも良く、地盤がしっかりしていることから築城にはうってつけの場所だったそうです。

大阪城はその長い歴史を物語る遺構は場内のあちこちで見ることができます。多門櫓や大手門、煙硝蔵などなど。

本や映画で親しんだ戦国~江戸の歴史を思い起こしながら、散策を楽しんでみるのもいいかもしれません。

「歴史もあって自然もあって、ここに来ると毎年子どもたちも夏休みの自由研究の課題が見つかるみたいです。」と笑うYさん夫妻。家族でももう何度もお城を訪れているそうです。

2月の梅、4月のサクラ四季のうつろいを感じながら

また、季節ごとにさまざまな表情を見せてくれるのも大阪城の魅力です。

天守閣の東側に広がる梅林では、約100種1200本を越える梅が毎年2月に見ごろを迎え多くの見物客を集めます。

そして、4月はお城のあちこちが、お花見客で大賑わい。>

初夏にかけての新緑、晩秋の紅葉と1年を通して見どころが盛りだくさんです。

「大阪城をバックに撮影したサクラはまるで絵葉書のようにキレイですよ」と旦那さんは話します。近代的なビル群と歴史ある和の風景のコントラストも、世界各国から観光客を引き付ける大きな理由になっているようです。

pagetop