ウェリスつくば研究学園テラス:事業担当者の声:NTT都市開発の住まい Wellith(ウエリス)

事業担当者の声

事業担当者の声「ウェリスつくば研究学園テラス」

未来を見据えた低炭素型街づくり、その一翼を担う街づくりプロジェクトが始まった。未来を見据えた低炭素型街づくり、その一翼を担う街づくりプロジェクトが始まった。

ウェリスつくば研究学園テラス 住宅事業部 事業開発担当マネージャー 中村 剛

6. スマートマンションの共用部

「ウェリスつくば研究学園テラス」の共用部でこだわった点はどのようなことでしょうか。

集合住宅の魅力として、皆さんが集うラウンジやコミュニティルームを設置し、コミュニティのつながりに配慮した、使いやすく快適な空間にしました。また「戸建にあってマンションに無いものは何か?」を考えました。永く愛情をもって住んでいただきたいという想いから、様々な部分にこだわりました。

入居者同士のコミュニティを育み、子供の成長を助ける「家庭菜園」

マンションでは土に触れる機会が少ないと思いますが、エコ教育として土に触れ、自分で植物を育てることの楽しさや素晴らしさを知ってもらえるように、家庭菜園コーナーを設けました。
そして家庭菜園の横にはかまどベンチを設置し、有事の時はここで炊き出しを行えるようにも考えました。

家庭菜園(有償)

エコへの取り組みとして、日々の暮らしを便利にする「カーシェアリング」

茨城県つくば市周辺の方は、一家に車を2台お持ちの方が多いのではないでしょうか。
敷地にゆとりのある「ウェリスつくば研究学園テラス」では、車の出し入れがしやすい平面式の駐車場を全戸分ご用意し、カーシェアリングには新型ハイブリッドのFITを導入しています。
例えば、今後2台目の車を購入する代わりに、カーシェアリングにすれば、車の排出ガスを減らすことができ、さらに車の購入・維持費用も抑えられます。気軽にエコに取り組んでいただき、家計の負担も減らす、そういった暮らしやすさにもこだわりました。

居住性に配慮した配棟計画と外観意匠

建物の向きが南西向きのため、光がより沢山入るようにバルコニーはガラス手摺にしました。また、敷地内に第一種低層住居地域があり(※)、バルコニー側をそちらに面するようにしたため、将来的に前面に高い建物が建つ可能性が低く、眺望が良い環境をつくることができました。※2013年12月現在。

モデルルームAタイプ「リビング・ダイニング」

※用途地域は2013年12月現在

住まう方が感じる快適さ、ひいては訪れる方へのおもてなし

エントランスには車寄せを設け、雨の日でも濡れずに乗り降りできるように配慮しています。また、エントランスからラウンジを抜けるとプライベートガーデンがあり、四季のうつろいを楽しめるようにしています。
1階にはコミュニティルームがあり、大きな書棚を設けてあります。この書棚は住民の皆さんが不要になった本を持ち寄って再活用していただき、お子さまや奥様方が気軽に集えるスペースとして自由にお使いいただきたいと考えています。週末などは貸しきりでパーティを行うこともできます。

エントランス完成予想CG

7. 専有部へのこだわり

「ウェリスつくば研究学園テラス」の各住戸窓にはサブロックを設けてあります。このサブロック位置を10cmずらしたことで、少しだけ窓を開けておくことができ、防犯機能を備えながら換気も安心安全に行えます。
実は自宅で換気のために窓を少し開けていたところ、私の子どもが知らないうちに自分で窓を開け、バルコニーへ出てしまっていて、ひやっとさせられたことがあります。こんな経験もあって、細かいことですが、家族の安全を守る機能を付けたいと思っていました。
また、全戸のLDにはパソコンカウンターを設置しています。
最近は生活にパソコンが不可欠になってきていますが、ちょっとした調べものなど、ダイニングテーブルで行うことが良くあると思います。とかくダイニングテーブルの上に置きっぱなしにしがちなパソコンも、備え付けのパソコンカウンターがあることによって、ダイニングがすっきりすると思います。
その他にも、マンションには布団をしまえるスペースがあまり無いですが、布団も収まる奥行きの押し入れ収納を全戸に設け、機能的な収納を実現しました。
さらに、ライフサイクルに合わせて間取りを変更できるウォールドアを設け、子どもの成長やライフスタイルの変化に合わせてリフォームすることなく間取りを変更することもできます。

モデルルームAタイプ「リビング・ダイニング」

モデルルームB’タイプ「リビング・ダイニング」
画面左端:パソコンカウンター

モデルルームB'タイプ「和室」 布団収納

モデルルームAタイプ「洋室」 クローゼット

モデルルームB’タイプ「リビング・ダイニング」と「洋室」 ウォールドア

モデルルームB’タイプ「リビング・ダイニング」と「洋室」 ウォールドア

エピローグ

私たちは「ウェリスつくば研究学園テラス」を通して、住まいに対する価値をこう考えます。
できるだけ環境に負荷を与えず、安心・安全で安定した生活が世代を超えて追求できる場所。
自分たちの街を自分たちでつくって行ける場所は全国でも希少です。新しい街で、新しい人生の価値を高めていきませんか。
自分の人生、家族の成長と共に街が成熟していくことの楽しさ。価値ってなんなのか、住まいってなんなのか。
その答えはきっとこの街で見つかります。

※掲載のエントランス完成予想CG・プライベートガーデン完成予想CG・コミュニティルーム完成予想CG・敷地イラストは計画段階の図面を基に描き起こしたもので、形状・色彩・植栽等は実際とは異なります。なお、外観形状の細部・設備機器等の詳細は表現しておりません。周囲の建物・電柱・標識・ガードレール等は一部省略しております。施工上の理由及び改良のため、変更になる場合がありますので、ご了承ください。コミュニティルームの書棚に設置された調度品・書籍等はご入居時に設置はされておりません。管理組合結成後、ご入居者様にてご用意いただきます。共用部分の利用は管理規約に準じます。
※掲載の室内写真は、2013年9月にモデルルーム(Aタイプ/B‘タイプ・メニュープラン)を撮影したもので、家具・調度品・オプション工事は販売価格に含まれません。

pagetop