QUALITY 品質

ウエリス市谷加賀町(2021年3月撮影)

独自の品質管理体制を構築
幾重にも重ねられる品質チェック

分譲マンション「ウエリス」では、独自の品質管理体制を構築しています。 お客様の大切な資産となる住まいを守るため、幾重にも検査がくり返されるのが特長的です。

「ウエリスチェック」と呼ばれる管理形式は、工事プロセスによる重要管理項目を明確化し、品質管理担当者、構造躯体については第三者検査機関も交えながら、多角的な視点でチェックを実施しています。

安心・安全を支える、重要なプロセスチェックとして、注力しています。 多角的な視点がもたらす効果は、施工不良の未然防止だけではなく、プロジェクトに携わる、監理者・施工者のポテンシャルを最大限に引き出し、気づきを与えることにも役立っています。

すべては、お客様のため。安心して永く、高品質な住まいにお住みいただくために、微底した管理体制を導入している「ウエリス」。 これはまさしく、 NTT都市開発の「誠実さ」がもたらす姿勢そのものです。

地下ピット検査

配筋状況検査

ウエリスチェックWellith CHECK

⼯事期間中は⼯事施⼯者の検査に加え、監理者・確認検査機関・住宅性能評価機関の検査により⼯事が進められます。
さらにNTT都市開発にて以下の3ステップにより品質の管理を⾏います。

Wellith CHECK

  • 01

    事前ヒアリング

    工事監理者・工事施工者から施工状況の報告と管理書類を確認し、適正に施工が行われているかをチェックします。

  • 02

    検査・確認

    独自のチェックリストを使用し、ウエリスが求める基本品質が担保されているかチェックします。

  • 03

    手直し・改善

    指摘事項に対して是正、改善方法を協議します。
    また、次工程への留意事項を確認します。

工事進捗に合わせて
重要管理項目について検査を
行っています。

  • 1.着工会議

    当社の品質管理に対する考え方及び業務の進め方を関係者と共有(業務フローの意識合わせ・書類の優先順位等)いたします。

  • 2.地縄・遣り方

    敷地境界確認及び建物位置とレベルを現場実測図と設計図との整合確認(境界杭は全数確認・建物通芯・敷地境界離隔寸法)をいたします。

  • 3.地業工事

    試験杭に立会うことを原則とし、次工程本杭施工の管理の要点を確認いたします。

  • 4.基礎工事

    基礎・基礎梁・耐圧版の初回基礎部の配筋・基礎梁貫通孔補強の施工状況の確認をいたします。

  • 5.1階躯体工事Ⅰ・Ⅱ

    ①初回躯体立上り部の配筋・かぶり厚さ・構造スリット他の施工状況の確認をいたします。②初回躯体立上りコンクリート打設前の鉄筋・型枠工事の施工状況の確認をいたします。

  • 6.基準階躯体工事Ⅰ・Ⅱ

    ①基準階躯体立上り部の配筋・かぶり厚さ・構造スリット他の施工状況の確認をいたします。②基準階躯体立上りコンクリート打設前の鉄筋・型枠工事の施工状況の確認をいたします。

  • 7.中間検査Ⅰ・Ⅱ(専有部)

    基専有部の内装工事・設備工事を実施するにあたり、当該物件の施工内容が、設計図書及び各種基準に合致していることの確認をいたします。

  • 8.特殊階躯体工事

    セットバックまたは住戸プランが切替る初回のコンクリート打設前の鉄筋・型枠工事の施工状況の確認をいたします。

  • 9.最上階躯体工事

    最上階の屋根工事を主体としたコンクリート打設前の鉄筋・型枠工事の施工状況の確認をいたします。

  • 10.中間検査Ⅲ(共用部)

    当該物件の共用部(主に隠ぺい部)における施工内容が当社基準に合致していることの確認をいたします。

  • 11.竣工検査Ⅰ(専有部)

    専有部における施工内容が、設計図及び各種基準に合致していることの確認をいたします。

  • 12.竣工検査Ⅱ(共用部)

    共用部における施工内容が、設計図及び各種基準に合致していることの確認をいたします。