OUTLINE

【全体概要】

●名称 ウエリス覚王山法王町
●所在地 愛知県名古屋市千種区法王町一丁目9番
※本物件は法王町と姫池通の二つの町名にまたがっており、地番は二筆となります。
●交通 名古屋市営地下鉄東山線 「覚王山」駅(1番出入口)徒歩10分
※なお、2番出入口(6:00~23:30まで利用可)まで徒歩9分
●敷地面積 2,716.38㎡、売買対象面積2,716.44㎡(被越境部分0.07㎡含む)
●建築面積 1,062.03㎡
●建築延床面積 8,730.79㎡
●建築確認申請面積 2,716.38㎡
●用途地域 近隣商業地域、第一種中高層住居専用地域
●総戸数 77戸 (別に管理事務室あり)
●構造・規模 鉄筋コンクリート造地上14階建
●建物竣工時期 2023年12月13日竣工済
●入居開始時期(引渡可能年月) 即入居可 ※諸手続き完了後のご入居となります。
●駐車場 (総戸数77戸に対して)85台(平置式12台、機械式72台、Aタイプ専有ガレージ1台)
駐車場残台数54台
[月額使用料:10,000円~25,000円]
●自転車置場 (総戸数77戸に対して)154台(傾斜ラック式6台、2段ラック下段スライド式148台)
[月額使用料:100円・200円]
●バイク置場 (総戸数77戸に対して)平置式8台[月額使用料:2,000円]
●テラス面積 51.17㎡(使用料/月額640円)
●テレビ共視聴設備利用料(月額) 550円
●フレッツ光利用料(インターネット)
(月額)
2,090円※プロバイダー利用料込
●主たる設備等 電気:株式会社トーエネックによる高圧一括受電方式、
ガス:東邦ガス株式会社(他のガス小売り事業者の選択も可能です)
●敷地の権利形態 専有面積割合による所有権の共有
●管理形態 管理組合結成後、NTTアーバンバリューサポート株式会社に管理委託(日勤)
●設計・監理 意匠・設備:鉄建建設株式会社一級建築士事務所
構造:鉄建建設株式会社大阪支店一級建築士事務所
●施工 鉄建建設株式会社名古屋支店
●売主 エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社
東京都千代田区外神田四丁目14番1号秋葉原UDX
宅地建物取引業者免許番号/国土交通大臣(6)第5856号、(一社)不動産協会会員、
(一社)不動産流通経営協会会員、(公社)首都圏不動産公正取引協議会加盟
●販売提携(代理) 住友不動産販売株式会社 東海販売センター
名古屋市中区新栄町一丁目5番地
宅地建物取引業者免許番号/国土交通大臣(13)第2077号、(一社)不動産協会会員、
(一社)不動産流通経営協会会員、(公社)首都圏不動産公正取引協議会加盟
●販売提携(代理) 株式会社ビーロット 大阪支社
大阪府大阪市浪速区難波中二丁目10番70号
宅地建物取引業者免許番号/国土交通大臣(3)第8157号、
(公社)東京都宅地建物取引業協会加盟、(公社)首都圏不動産公正取引協議会加盟

【先着順販売概要】

●販売価格 6,490万円(1戸)~1億9,500万円(1戸)
最多価格帯(100万円単位)6,400万円台(2戸)・7,900万円台(2戸)
●販売戸数 15戸
●間取り 2LDK・3LDK
●専有面積 74.49㎡~149.82㎡(専有宅配ボックス面積/0.64㎡~1.19㎡含む・A-typeは、ガレージ面積29.91㎡含む)
●バルコニー面積 8.10㎡~24.67㎡
●サービススペース面積 2.83㎡~7.02㎡
●テラス面積 51.17㎡(A-type)
●管理費(月額) 10,420円~20,970円
●修繕積立金(月額) 5,950円~11,980円
●管理一時金(引渡時一括払) 10,420円~20,970円
●修繕積立基金(引渡時一括払) 595,000円~1,198,000円
●テラス使用料 640円(A-type)
●最終更新日 2024年6月4日
●取引条件の有効期限 2024年6月17日
●次回更新予定日 2024年6月18日

【先着順申込受付場所】

●「ウエリス覚王山法王町」現地販売センター
申込時にお持ちいただくもの/印鑑(お認印)、収入証明書の写し(2022年・2023年分の源泉徴収票または、直近3年分の確定申告書の控え)、本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポート等) 別途必要な書類をお願いする場合がございます。 ※表示価格には消費税相当額が含まれております。
※先着順販売のためご希望の住戸が売約済みの場合がございます。予めご了承ください。


(お詫びと訂正)

2022年11月より公式ホームページ内、物件概要ページにて掲載しておりました物件共通概要ご案内部分「建物竣工時期/2023年12月上旬(予定)」を計画の一部変更に伴い「建物竣工時期/2023年12月13日竣工済」に変更いたしました。ここに訂正致しますとともに、深くお詫び申し上げます。※2023年12月15日現在