【公式】ウエリス世田谷砧 | 小田急小田原線「祖師ヶ谷大蔵」駅利用 | NTT都市開発の分譲マンション

VOICE from KINUTA

砧公園(約710m/徒歩9分)※2016年3月撮影

「世田谷区立山野小学校」校長。教育委員会を経て、2015年より現職。児童の個性をありのままに受け止め、長所を引き出す教育に力を注いでいる。

THEME : 教育「山野小学校」

地域と連携し、ともに児童を育てる世田谷区立山野小学校に見る「開かれた教育」とは?

1963年に開校した「世田谷区立山野小学校」。区内屈指の大規模校として900名以上の児童が学ぶ当校は、地域の人々が運営に関わる「コミュニティスクール」でもある。区内の全公立小学校が指定されているという地域運営学校。その利点とは? さらに、山野小学校ならではの独自性あふれる学校運営方針について、大字弘一郎校長先生に伺った。

世田谷区の公立小学校は、地域の人々が運営に参画するコミュニティスクール

山野小学校を含む世田谷区の公立小学校は、すべてが「地域運営学校」に指定されています。地域運営学校とは、文字通り地域の方々が運営に参加していただくコミュニティスクールのこと。地域や保護者の代表、学識経験者などで組織される学校運営委員会や学校協議会といった団体が様々なプロジェクトを企画・運営し、子どもたちが楽しみながら成長できるような取り組みで、全面的にバックアップしてくれます。区内の全校が指定されているというのは、全国的に見ても珍しいケースではないでしょうか。

今年で地域支援学校になってから7年目になりますが、非常に心強い支えをいただいていると感じます。たとえば、「山のてっぺん教室プロジェクト」という取り組みがあります。これは土曜日や夏休みに地域の方々を講師に招き、普段は味わえないことを児童に体験してもらう特別教室です。また、学校に宿泊する「山野キャンプ」や、学校を会場にいろんな団体を招いてコンサートをする「山のふるさとコンサート」など、本当に多彩なプロジェクトを協力的に主導していただいています。これだけ多くの地域の人が積極的に運営に参加してくれている学校は少ないと思いますので、山野小学校のひとつの売りでもありますね。

教育目標は山野を文字った「(や)わらかく、(ま)んまるく、(の)びやかに」。知・徳・体を育む伝統的な目標として、長く受け継がれている

真剣に挑む学校行事で、大きく成長する子どもたち

また、山野小学校のもうひとつの特色は学校行事の多彩さです。種類が豊富なだけでなく、一つひとつにかなり力を入れて取り組んでいます。特に大きいのが「3大フェスタ」と呼んでいる3つの年間イベント。春の「スポーツフェスタ」、秋の「やまのフェスタ」、冬の「ミュージックフェスタ」です。これがなかなか個性的なイベントなんですよ。

まず、「スポーツフェスタ」ですが、ふつうの学校ではいわゆる運動会ですよね。でも山野の場合は完全に競技に特化したガチンコの競い合いということで、あえてスポーツフェスタと呼んでいます。ですから組体操やダンスといった出し物はいっさいありません。チームも紅白に分けるのではなく、全学年を縦割りにした4色対抗で勝負する。中学・高校の体育祭に近いですね。きちんと競い合わせるとともに、児童たちに自分のチームを一生懸命応援させたいという思いもあります。競技の優勝のほかに、「応援大賞」という賞もあるんですよ。これは競技の成績に関係なく、最も頑張って応援したチームがもらえる。これをとると児童は泣いて喜ぶんですよ。下手したら優勝よりうれしいのかもしれない。それくらい、心から応援しているということですよね。本当にすごい迫力ですよ。大げさじゃなく、校庭が揺れますから。いずれにせよ、そうした感動が得られるのも真剣勝負ならではだと思います。

また、「やまのフェスタ」もふつうの学芸会とは違います。一般的な学芸会は学年でひとつ出し物をして終わりというイメージだと思いますが、山野では3年生と4年生は学年で4つ、5年生と6年生は学年で9つくらいの演目をやります。その内容も、たとえば演劇やスポーツ、民舞など多彩ですね。5・6年生はバンドや漫才なんかもやるんです。3日間にわたって盛大に、高校の文化祭のような盛り上がりです。

先生と子どもたちが必死で企画から考えて、練習して、ひとつのものを作り上げる。みんな生みの苦しみを味わっていますが、最初はできないところから試行錯誤して、悩みながら表現することで子どもたちは大きく成長するんです。

当校では「大変」という言葉は「大きく変わる」こととして、ポジティブにとらえています。大変だからと逃げていたら成長はない。そこで乗り越えたら楽しいし、人は大きく変われるんだから頑張ろうよ、と。そういう方針が支持され、保護者の方や地域の方に信頼され、ご支援をいただけているのではないかと思います。

いずれにしても山野小学校は非常に楽しい学校です。結局のところは、これが一番の魅力かもしれませんね。

校長室のドアは常に開け放たれているという。生徒も保護者も気軽に入ってきてくださいという、オープンな姿勢が垣間見える。

問い合わせ先 : 世田谷区立山野小学校
住所 : 世田谷区砧6-7-1
TEL : 03-3417-3322

※距離表示ついては地図上の概算距離を算出したのもので、徒歩1分=80mとして算出(端数切り上げ)しています。