【公式】ウエリス世田谷砧 | 小田急小田原線「祖師ヶ谷大蔵」駅利用 | NTT都市開発の分譲マンション

VOICE from KINUTA

砧公園(約710m/徒歩9分)※2016年3月撮影

このエリアに暮らす清水さんファミリー。小学生と3歳の息子さんとともに頻繁に砧公園に訪れては、青空と緑の下での家族団らんを楽しんでいる。

THEME :子育て「砧公園で遊ぶ」

ピクニックをして芝生に寝転び全力で遊ぶ普段言えないこともここなら話せる

休日には、区内外から多くの家族連れで賑わう砧公園。ここは、地域に欠かせない家族団らんの場所なのだ。そこで、砧公園のヘビーユーザーである清水さんファミリーに、この公園の魅力、そして楽しい使い方を教えてもらった。

世田谷で、“子どもらしく“遊べることのありがたさ

私たちは砧公園まで車で10分ほどの場所に住んでいます。もちろん、家の周辺にも公園はあります。でも、これだけの規模と見事な環境が揃っているのは、砧公園以外にあまりないのです。それに、何より子どもたちが砧公園のファン。だから、せがまれては砧公園に遊びに来ているというのが正直なところです(笑)。実際、ここで知り合った人に聞くと、わざわざ遠くから来ているケースも多いみたい。つまり、それだけ魅力がある公園ってことですね。

魅力の一つは、「子どもたちがおもいっきり遊べる」ということ。ファミリーパークには、散策路、川、吊り橋などがあって、都会とは思えない豊かな自然環境を楽しめる。おもいっきり走っても良い。迷惑のかからない範囲で元気な声を出しても良い。そんな風に子どもらしく身体全体で遊んでいる姿は、やっぱり親としては嬉しいですよ。そして、アスレチック広場はまさに子どものための場所で、大小様々な遊具があります。純粋に楽しいのはもちろん、ここでは順番待ちをしたり、自分より小さい子を助けてあげたりと、社会性を身に付ける場所にもなっていますね。

兄弟仲良く遊具で遊ぶ。知らない子と場所をともにするなど、コミュニケーションの機会も多い。

家族コミュニケーションが活発化する唯一無二の空間

もう一つの魅力は、やはりピクニック。私たちはいつも芝生広場で楽しんでいます。大人にとっても、青空の下で食べるお弁当は美味しいもの。そうして開放感に包まれながら、時にはふかふかの芝生に寝転んで、みんなで舌鼓を打ちながら学校での出来事や最近できるようになったことを話す。不思議と、家庭で話すよりも会話が弾むんですよね。だから、私たちにとって、ここは最大の家族団らんの場所なんです(笑)。

一番華やかなのは、やっぱり桜の季節です。だけど、その時期はたくさんの人々で混雑します。私たちローカルは、それ以外のシーズンでも普段使いできる。秋の光景も美しいんですよ。そんな花や木々に現れる季節感を楽しみながら、時を重ねていく。もう少し子どもが大きくなったら世田谷美術館で一緒にアートを楽しみたい。しばらくは、砧公園を中心にした家族の時間が続きそうです。

芝生広場では、あちこちにピクニックをする恋人や家族たちを見ることができる。その誰もが、優しい顔をしている。

※距離表示ついては地図上の概算距離を算出したのもので、徒歩1分=80mとして算出(端数切り上げ)しています。