MENU 電話 限定サイト エントリー来場予約オンライン相談会

ウエリス湘南台

いま、ZEH、みらい。ウエリスのゼッチ

scroll

ZEH-Mの普及に向けたNTT都市開発の取組計画(2030年までの中長期計画)

我が国ではエネルギー基本計画(令和3年10月)において、
住宅については2030年までに省エネルギー基準を段階的に引上げ、温室効果ガス削減目標の実現をめざすとしています。
当社はこれまでも、住宅事業において環境負荷の低減への取り組みを進めてまいりましたが、
今後は経済産業省・環境省・国土交通省の住宅の省エネ・脱炭素化の方針に基づき、
温室効果ガス削減に寄与する快適な住宅の創出をしてまいります。

ZEH developer

藤沢市“初”ZEH-M

断熱性の向上と高効率の設備の採用により、快適で健康な暮らしへ。
省エネにより光熱費削減のメリットも生まれます。
家庭でのエネルギー消費量を減らす、環境にもやさしい次世代型の住まいです。

藤沢市“初”ZEH-M

ZEH-MOrientedとは?

ZEH-M Orientedとは、断熱性能を向上させるとともに、効率的な設備等の導入により、
室内環境を維持しつつ大幅な省エネを実現することで、
共用部を含むマンション全体での一次エネルギー消費量を20%以上削減※1したマンションです。
※1 平成25年度省エネ基準による「暖房」「冷房」「換気」「照明」「給湯」の基準一次エネルギー消費量との比較

ZEH-M Orientedは、高断熱で省エネ健康、経済的、環境にもやさしいマンションライフを実現します

<断熱性・省エネ性とともに快適性を高める、高効率設備や先進設備を導入>

スライドアイコンスライドアイコン
  • 断熱材
  • Low-E複層ガラス
  • エコジョーズ
  • TES温水式床暖房システム
  • 手元止水機能付シャワー
  • キッチン節湯水栓
  • 洗面節湯水栓
  • LED照明
  • 高断熱浴槽
  • 24時間換気システム
  • 人感センサー付き照明

※採用設備は、物件によって異なります。

身体にやさしい

おサイフにやさしい

環境にやさしい

さらに、ZEH-Mマンションなら

こどもみらい住宅支援事業こどもみらい住宅支援事業

※1:「こどもみらい住宅支援事業」対象世帯:子育て世帯 申請時点において18歳未満の子(2003年4月2日以降出生)を有する世帯 or 若者夫婦世帯 申請時点において夫婦であり、いずれかが39歳以下(1981年4月2日以降出生)の世帯※土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律(平成12年法律第57号)に基づく土砂災害特別警戒区域に立地する住宅は対象外です。※家族構成が対象の世帯に該当するかはケースによるため、詳しくは係員にご相談ください。
※2:ZEH(ゼッチ)住宅とは、(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)と呼ばれ、断熱性能や省エネ性能などを利用し、エネルギーを作ることのできる住宅のことです。ZEH住宅※2の場合の、「こどもみらい住宅支援事業」補助金額は100万円となります。

+
住宅ローン控除住宅ローン控除

※住宅ローン控除は、ご年収・借入金額等の条件により金額が異なります。 ※適用受けるためには、一定の要件を満たす必要があります。
※2022年4月1日の法令に基づいています。 ※住宅ローン減税についての詳細は最寄りの税務署等にお問合せください。

ENTRY エントリーはこちら

エントリーはこちら

「限定サイト」では、最新情報を随時公開してまいります。未公開間取りなど様々な限定コンテンツをご覧いただけるとともに、
今後のご案内の流れ等、限定情報もご覧いただけます。

※掲載の航空写真は2021年10月に撮影したものにCG加工を施したもので、実際とは異なります。
※徒歩分数は80mを1分として計算(端数切り上げ)した概測時間です。 ※掲載の周辺環境写真は2021年11月に撮影したものです。
※相模野台地概念図は、国土地理院ホームページ掲載資料を基に描いた概念図で位置・スケール・形状等は実際とは異なります。
※掲載のエリア概念図は資料を基に描いたもので、実際とは異なります。建物の大きさ・位置等は実際と異なります。建物等は簡略化しております。
※掲載の外観完成予想図は、設計段階の図面を基に描いたもので、実際とは異なります。
※建ぺい率とは敷地面積に対する建築面積の割合。容積率とは敷地面積に対する建物の延床面積の割合です。
※1:市道(3・4・6号善行長後線)2024年度開通予定
※2:良好な住環境とは建築物の高さが10m以下に制限され、住宅や学校以外の施設の建設が厳しく制限されていることを意味します。住宅は共同住宅、寄宿舎、下宿、兼用住宅を含む。学校は、大学、高等専門学校、専修学校を除く。この他にも詳細な建築制限があります。

ページトップに戻る