ウエリス宝塚 季節の彩

「ウエリス宝塚」の4つのガーデンをトータルプロデュース。
「記憶を継承する風景の創出」と「五感で体感するランドスケープ」を主軸として、 公共空間から商業施設、医療施設、住空間、屋上庭園など、あらゆる屋外・屋内空間に、ランドスケープデザインの視点から幅広く携わっている。 宝塚ガーデンフィールズの植物を移植した「阪急西宮ガーデンズ内ローズガーデン」など実績多数。
ランドスケープデザイナー岡田智子

CONTENTS

宝塚に受け継がれる美しさを「バラ」の庭園に込めて。

vol01

宝塚に受け継がれる美しさを
「バラ」の庭園に込めて。

プロローグは、土地の歴史つまり「宝塚」の記憶を読み解くことから始まりました。

宝塚にはふたつの美しい顔があります。

宝塚歌劇発祥の地としての「歌劇のまち」、そして街を歩けば美しい風景に魅了される「花と緑のまち」。

この宝塚の魅力を継承し、時とともに美しく愛され続ける空間をお届けいたします。

宝塚に流れるふたつの「美意識」に
彩られた、「上質な空間」へ。

vol01 閉じる閉じる
かつて貴婦人たちが愛した「薔薇」をガーデンに。

vol01

かつて貴婦人たちが愛した
「薔薇」をガーデンに。

今年は急に気温が上がったため、ソメイヨシノがあっという間に満開になり、見頃が短かったですね。

桜が終わり、5月に入る頃、ウエリス宝塚ではバラの見ごろを迎えます。

最も特徴的な品種は、「ベルサイユのバラ」で有名なマリー・アントワネットが描かれた肖像画で手にしているバラ、「ロサ・ケンティフォリア」。

マリー・アントワネットが愛したこのバラは、あまり見かけない品種です。

ナポレオンの妻ジョセフィーヌは、バラの名園であるマルメゾン城の庭園で、世界各地から様々なバラを集めさせて栽培させていました。
そのマルメゾン城に咲いていた「ロサ・ルゴサ」。

2013年まで宝塚歌劇場に隣接していた宝塚ガーデンフィールズの庭園シーズンズには、英国一美しいと言われるシシングハースト城の

シンボル庭園に咲いているバラ「ロサ・ムリガニー」が咲いていました。このバラもウエリス宝塚でご覧頂けます。

宝塚の方々に愛された宝塚ガーデンフィールズの庭園シーズンズに咲いていたバラ、「モッコウバラ」も配植しました。

「モッコウバラ」は、エレガンスガーデンのパーゴラでは白い花が、アーチウォークのアーチでは黄色の花を楽しんで頂けます。

他にも、阪急西宮ガーデンズのスカイガーデン内に咲く「ロサ・アイスバーグ」も取り入れました。春だけでなく秋まで花を咲かせる品種です。

貴婦人達が愛したバラの美しさと香りを
身近に楽しめる、
ウエリス宝塚の今の
季節の風景を愛しんで頂けますように

vol01 閉じる閉じる
「紫陽花」の繊細な花に感じる、四季のうつろい。

vol02

「紫陽花」の繊細な花に感じる、
四季のうつろい。

今年は梅雨入りも、昨年より早いですね。

梅雨といえば、雨に濡れるアジサイが美しい季節です。ウエリス宝塚では、各ゾーンごとに、それぞれ異なる品種のアジサイを植栽しています。

シェードガーデンのレンガステージ両サイドに植栽しているのは「カシワバアジサイ」。

名前の通り、葉の形が柏に似ていることが名前の由来で、円錐状の長い房状に咲く真っ白い花が特徴的です。

花だけでなく、秋には真っ赤に紅葉する葉も美しい品種です。

フォーシーズンガーデンには「アメリカアジサイ”アナベル”」を配しました。
一般的なアジサイより小さめの花が密集して大きなドーム状の花の房となり、 繊細ながら存在感があります。

咲き始めはライムグリーンの花が、満開の頃には真っ白になります。
イギリスでは、花の見頃が終わった後も、ドライフラワーのように残る花がらを楽しみます。

アーチウォークでは、ベーシックな「アジサイ」を楽しんでいただけます。
灌木の間に咲くアジサイの花に季節の彩を感じていただければとの思いを込めて、配植しました。

雨の日が多く憂鬱になりがちな
時期ですが、
美しいアジサイの花に
心潤していただけますように…

vol02 閉じる閉じる
ガーデンの初秋を彩る、白や紫の花々

vol03

ガーデンの初秋を彩る、
白や紫の花々。

人にも植物にも厳しかった猛暑日もようやく過ぎ、朝晩は涼やかな秋風を感じられるようになってきました。

ウエリス宝塚には、初秋に花を咲かせる樹種がいくつもあります。

エントランス前の街路沿いやアーチウオークに、いま青紫の穂状の花を咲かせているのは「フイリヤブラン」。
斑入り葉と紫の花のコントラストが美しい樹種です。

フォーシーズンズガーデンでは、いま「サルビア・グアラニティカ」「アベリア・ホープレイズ」「ワイルドストロベリー」の
花が咲いています。

長い花穂の濃紫色の花を咲かせているのが「サルビア・グアラニティカ」。
斑入りの葉も美しい「アベリア・ホープレイズ」も白い花を咲かせています。
「ワイルドストロベリー」も、いま白い花が咲いていますので、もう少ししたら赤い実も楽しめることでしょう。

外周の擁壁上に植栽している「デュランタ・タカラヅカ」「コバノランタナ」「プルンパゴ」も、
来年以降は多くの花を咲かせてくれることと思います。

季節の移ろいを、花々の彩りで楽しんで頂けますように・・・

vol03 閉じる閉じる

NEW

晩秋から冬の時期にも、様々な季節の彩りを。

vol04

晩秋から冬の時期にも
、様々な季節の彩りを。

早いものでもう師走となりましたが、今年は紅葉が始まるのが遅く、まだ各地で紅葉が楽しめます。
宝塚駅からウエリス宝塚に帰る際に渡る宝来橋から目前の山々を眺めると、赤やオレンジ、黄色など
色とりどりの紅葉が山を染める美しい景色に、ひととき見入ってしまいました。

ウエリス宝塚の敷地内でも、随所で身近に紅葉が楽しんで頂けます。
エントランスのゲートツリーであるサルスベリや、アーチウォークのシャラノキは、オレンジがかった色に紅葉します。
シェードガーデンのカシワバアジサイは、今年は台風の影響か残念ながら綺麗に色づきませんでしたが、本来は真っ赤に
紅葉します。フォーシーズンズガーデンでも、ブルーベリーの葉が真っ赤になっていました。

ウエリス宝塚では、紅葉だけでなく、花や実でも季節の彩りを楽しんで頂けるよう配慮してプランニングを行いました。
シェードガーデンや駐車場廻りにはツワブキが黄色い花を咲かせ、アーチウォークではゴードニア・ラシアンサスが
白い花を多く咲かせています。

フォーシーズンズガーデンでは、トキワヤマボウシが真っ赤な丸い実をつけています。ワイルドストロベリーも
赤い実をまだ多く実らせていました。

紅葉や晩秋の花の時期が終わっても、冬本番のこれからはフォーシーズンズガーデンでクリスマスローズが花を咲かせます。

寒々しい風景になりがちな晩秋から冬の時期にも、紅葉や花や実など、様々な季節の彩りで楽しんで頂けますように・・・

vol04 閉じる閉じる

やわらかなアロマの香りただようラウンジから、このガーデンの魅力を感じて下さい。

ご見学だけでも構いません。どなた様もどうぞお気軽に。

やわらかなアロマの香りただようラウンジから、
このガーデンの魅力を感じて下さい。